ランドセルで評判の天使のはね

ランドセルで評判の天使のはね

小学校の6年間は、過ぎてしまえばあっという間だったと振り返りますが、やはり毎日背負ったランドセルは、卒業時にはだいぶ使いこまれて、皮が柔らかくなってしまいました。

また、入学時には「重いよ~。

」と泣き出してしまう1年生がいたりと、大きさや重さによって子供にとってはちょっとした試練でもありました。

近年では、成長に合わせて肩ひもを楽に調整出来たり、リコーダーや小物を掛けられるフックが充実していたりと、様々な工夫がみられます。

中でも天使のはねというランドセルは、軽量化が進み、大変評判な様子です。

天使のはねという名前も可愛らしい印象で、楽しい小学校生活をイメージ付けてくれる感じがします。

これなら「重たい。

」と愚図る子供も少なくなるでしょうし、成長期で身長が伸びてきても肩ひも調整でサイズが合わせられ、ストレスなく6年間使用できると思います。

親としては充実した学校生活に欠かせないランドセル選びのポイントになるのではないでしょうか。

小学校の入学準備について

昨年夏に新居を建てて、東海地方に引越してきました。

ここで子供たちは小学校、中学校、高校と過ごしていくのでしょう。

そして、年長になった長男が最近、「僕の机はいつ買うの?

小学生になったら、一人で寝るね。

」と言い出しました。

私か主人が添い寝しないと、お化けが出るかもしれないと泣いていた長男が急にしっかりしてきた印象を受けて、嬉しくもあり、少し寂しくもありました。

そして、確かに小学校へ入学となると、机だけでなく、他にもいろいろと必要な物があるので、早速書き出してみる事にしました。

まず、子供部屋に置く机とベットは一体化したものにして、本棚やタンス、そして6年間背負うランドセルを用意しなくてはと思いました。

冬が近づくとテレビや広告でランドセルの販売が謳われるでしょうし、店頭でも天使のはねをはじめ、各社が売り場を拡大して購買意欲を掻き立ててくると思います。

昨年、長男が「天使のはねって何?

」と聞き、ランドセルの事だと答えた出来事を覚えているので、売り場でもきっと注目して、選ぶのではと思っています。