ランドセルは天使のはね

ランドセルは天使のはね

新居を建てて引っ越してからすぐに、息子よりひとつ年上の男の子が近所に住んでいる事を知りました。

同じ保育園という事もあり、息子とその子は園内の滑り台やジャングルジムで遊んだり、鬼ごっこや、あやとりをする仲になりました。

今年の春にその子は卒園して、小学校に通っていますが、先日ピカピカのランドセルを背負って帰って来る所に遭遇しました。

小学校の様子を聞いてみると最初は緊張していたそうですが、1ヶ月も経つと友達がたくさんできて、毎日がとても楽しいようです。

ランドセルは天使のはねのように彼の背中に背負われています。

息子も来年には背中に「天使のはね」を背負って小学校に通うのだと思います。

この仲良しのお兄さんをはじめ、たくさんのお友達と交流しながら、学んでいく姿を想うと私自身も楽しみです。

きっと時にはケンカをしたり、思うようにならない事があるでしょうが、それもまた成長する上での通過点だと思い、なるべく見守っていこうと思います。